ボーン チャイナ。 ボーンチャイナとは

磁器の製造工程

☘ 《 ボーンチャイナの特徴》 ~ ボーンチャイナの特徴 1. よく似た名前ですから無理もない事と思いますが実はボーンチャイナのボーンBONEが『骨』を意味しているのに対し、ニューボーンチャイナは『NEW BORNCHINA』であり『NEW BORN』は『新しく生まれた』を意味しています。 強度を知る為カップを故意に傷付けたりしたことはありませんが、お店で毎日使っているボーンチャイナのカップは皿洗いの時に滑らした以外で割ったりチップしたことは今のところありません。

6
白磁器とボーンチャイナの違いをご紹介します。 教授の解説によると、 そもそもティファニーは文房具店としてスタートしたのが始まりなんだとか。

ボーンチャイナとは

💔 鉄分が多いと焼いたあと黒みを帯びてしまいます。 この画像はロイヤルコペンハーゲンのものです。

7
おしゃれな純白の高級食器は、結婚祝いや引き出物などのブライダルギフト、新築祝い、引越し祝いなど、記念品やプレゼントにもおすすめ。

紅茶に適したティーカップは?ボーンチャイナと白磁で異なるお茶の香

😒 ハドンホールではありませんが、写真に載っている3つのお皿のうち、下の小さめのものがミントンのボーンチャイナ。

13
ボーンチャイナとは磁器の仲間で、原料の粘土に牛の骨を焼いた 骨灰(こつばい)が30%~60%含まれています。 ヨーロッパではそれほどまでに東洋の磁器に対する憧れが強く、珍重もされていた磁器ですが、大陸から離れたイギリスでは白磁器の主要な成分であるカオリンを入手出来なかったため白い磁器を作ることが出来ませんでした。

イギリスアンティーク食器の定番。ボーンチャイナの代表ブランド

🤘 そして… 18世紀頃のイギリスでボーンチャイナという磁器が確立されました。 磁器の後進国であったイギリスに生まれた、新しい発明。

3種類とも、白色度が高く、透光性があり、吸水率が0になるまで良く焼き締まった焼き物である事から、「陶器」に対する「磁器」という大括りの分類となります。 「ボーンチャイナ」と音だけを聞くと「Born China=中国生まれ」という意味に思えそうですが、正しくは「Bone China」。

NIKKOニッコーの食器 高級ボーンチャイナ

♥ なんとも軽やかで使い勝手がよいNIKKO ニッコー の食器は、割れにくくて丈夫です。

5
白磁がもてはやされた背景には、シノワズリ(仏: chinoiserie)という中国趣味の流行がありました。

ボーン・チャイナ

☣ ニューボーンは、その透光性と肌色系の柔らかい色調においてボーンチャイナに似てはいますが、骨成分(リン酸カルシウム)は全く含みません。 使いやすさも一級品!ぜひ実感していただきたいNIKKOの食器 NIKKO ニッコー の食器は、手に取ってみると、薄づくりで、何とも軽やか。

5
NIKKO ニッコー の器、信頼の実績 こだわりの日本製ボーンチャイナ、NIKKO ニッコー の高級食器。