鉄道 王国 物語。 (26.1.3) NHK鉄道王国物語 日本の底力 鉄道が世界を救う: おゆみ野四季の道 新

JR東日本「ALFA

✔ 今回司会をつとめるのは高橋克典さん、それにハマカーンがリポーターとなり番組を進行、驚きの情報が次々と飛び出す1時間半。

7
新型の長距離列車とのことですが、おそらく最先端の技術が使われ、美しい景色をゆったりと楽しめるような列車なのではないかと思います。 驚き!ニッポンの底力【鉄道王国物語5】番組放送内容 驚き!ニッポンの底力 【鉄道王国物語5】 2021年2月13日(土)放送 日本の鉄道の底力に迫る人気シリーズ第5弾!鉄道博物館を拠点に、最先端!新幹線試験車両「ALFA-X」、なつかしのSL、さらにマニアック!分岐器までズラリ登場! ベールに包まれた新幹線試験車両「ALFA-X」開発最前線への潜入で番組はスタート!続いてハマカーンが、大迫力の深夜のレール交換作業やマニア感激!分岐器生産工場を訪ね、最先端技術やそれを支える職人たちの技術力の高さに仰天。

[4K]驚き!ニッポンの底力「鉄道王国物語5」[字]

🙌 こちらも年間100万人前後の旅客を集めており、トロッコ電車とならんで、富山県がほこる観光地となっています。 その他、車窓からの美しい風景が売りの新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」の開発秘話や、困難を極める蒸気機関車の復元作業など、鉄道ファンでなくても見逃せないエピソードが紹介されるという。 また、豪華クルーズトレイン全盛の今、117系という古い車両を改造し、華々しくデビューを迎えた「WEST EXPRESS銀河」の開発秘話や困難を極めるSLの復元作業も紹介します。

18
第5弾の今回は、ベールに包まれた新幹線試験車両「ALFA-X」の開発最前線潜入から始まります。 また、Huluは日テレ系の動画配信サービス、FODプレミアムはフジテレビ系、ParaviはTBS&テレ東系の動画配信サービスなのでNHK作品の見逃し配信はないんですね。

【鉄道】感想:NHK番組「驚き!ニッポンの底力 鉄道王国物語」(初回放送:2013年12月)

🤛 まとめ 日本が世界に誇る高い技術力と言えば、自動車や精密機器の他、忘れてはならないものの一つに鉄道があります。

12
。 ガラス職人が大きなガラスを曲げて作るところを紹介。

【鉄道】感想:NHK番組「驚き!ニッポンの底力 鉄道王国物語」(初回放送:2013年12月)

😃 しかし苦労したおかげで現地では大好評。 なので、字幕放送が視聴したい場合は、有料ですがNHKオンデマンドの方がいいですね。

10
この番組では、新幹線試験車両「ALFA-X」や、深夜のレール交換作業、分岐器生産工場に潜入するということで、かなり楽しみです。

【鉄道】感想:NHK番組「驚き!ニッポンの底力 鉄道王国物語」(初回放送:2013年12月)

💙 こちらも年間100万人前後の旅客を集めており、トロッコ電車とならんで、富山県がほこる観光地となっています。

2
富山市街地や富山市北部を走る、総延長15. それに対して『太ももかいい』とか言っている盲目ヲタさんは無視した方がいいですよ。 1963年に完成した黒部ダムです。

鉄道王国物語5/動画/見逃し配信/再放送/驚き!ニッポンの底力フル無料視聴|番組情報ステージ

🤟 画面下の「次へ」を選択。

15
こういう作業はコンピューターでは出来ないとのこと。

なぜ富山の鉄道は発展を続けるのか 「鉄道王国」といわれる理由

🤣 今週6日の午後9時から放映予定のNHK BSプレミアム「驚き!ニッポンの底力 鉄道王国物語2」で、JFEスチール西日本製鉄所におけるレールの研究と製造の様子が紹介される。 オープンスタイルのトロッコ車両が人気です 戦後、トロッコ電車よりさらに上流でも、電源開発は進められました。 試行錯誤を繰り返した金属組織へのアプローチから、工場での安定操業までを追い、開発に携わった社員たちの声が紹介される予定。

の誤差しか許されない。 運行開始から1年を待たず、2016年7月には利用者数1万人を達成しています。

NHKBSプレミアム「鉄道王国物語5」で「ALFA

🤗。 子どもが電車などの乗り物に興味を持つ年頃なので、この番組を見せてあげたいです。

10
風光明媚な雨晴海岸などを眺められるほか、車内では地酒や寿司を提供するとあって、1両編成ながら大人気。 道床交換(枕木とその下のの交換)。

[4K]驚き!ニッポンの底力「鉄道王国物語5」[字]

✇ 被害に遭ってからでは遅いので、十分に注意してください。 そんな日本の驚異の鉄道技術のあれこれを、現場の映像から解き明かす。 それに対して『太ももかいい』とか言っている盲目ヲタさんは無視した方がいいですよ。

12
2009年から運行しているドバイの「ドバイメトロ」も日本製。 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。