Windows10 デフラグ。 Windows Server 2012 以降でのデフラグ処理とスラブ統合の動作について

Windows10でディスクの最適化(デフラグ)を実行する方法

🤲 デフラグというのはPCのHDDやSSDといったドライブを最適化するためのツールです。 ネットに転がっているおすすめ設定や高速化ソフトなどは体感できるほどのものはないしデメリットもある。 その上、書き換え回数に制限があるため、一般にデフラグを実行すると製品寿命が短くなるといわれている。

15
700TB もの書き込みをするまで書き込みエラーは起きなかったという。

Windows 10でデフラグを実行する際の注意:Tech TIPS

🖐 全てのドライブを範囲選択したら「すべてを最適化」をクリックします。 SSDには機械的な可動部はなく半導体素子メモリを使った記憶媒体なのでデフラグをする必要がないのです。

18
Windows 10は直近のアップデートにより、ハードドライブの自動最適化プロセスを必要以上に頻繁に実行しているようです。 今回はWindows Server 2012 以降でのデフラグ処理とスラブ統合の動作についてご紹介します。

Windows 10ではSSDの最適化設定をする必要なし!

🖕 「FRONTEO AI Innovation Forum」オンデマンド配信中、東大 大澤幸生教授や医薬/金融など企業講演多数• Microsoftはこの問題を認識しており、修正パッチを発行する予定ですが、当面は、Windows 10の設定で自動デフラグ・ツールをオフにすれば、不要な書き換えを防ぐことができます。 「ローカルディスク(C:)のプロパティ」が表示されます。

「ドライブのデフラグと最適化」が表示されるのでクリックします。 「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」をクリックします。

ドライブ最適化を頻繁に実行 Windows10のバグでSSD寿命を縮める可能性も

🖖 大きなファイルを保存する際にはファイルを分割してハードディスクに保存するようになります。

9
画像で「Intel R ~」の部分を右クリックして「ドライバーソフトウェアの選択」を選びます。 すると、次のように「ドライブのデフラグと最適化」画面が開きます。

Windows10のデフラグ方法

😉 完了するまで、そのまましばらく待ちます。 この劣化の速さはメーカーによってまちまちだが、新品同様のSSDでも10年〜15年でデータが自然蒸発しはじめると言われている。 に「はい」をクリックお願いします。

ドライブの選択ボタンを押すと、デフラグを行うハードディスクを指定できます。

【Windows10】パソコンのデフラグのやり方を画像付きで解説!データを整理してスピードアップ

☏ Windows10では、通常は「毎週」でスケジュール設定されています。

13
Trim コマンドは SSD 用の最適化コマンドです。