シクサーズ 対 レイカーズ。 クリスマスゲームで激突するウォリアーズ×レイカーズのチケットは平均14万円以上!(バスケットボールキング)

クリッパーズのルーHCがコビーとの思い出を語る「『お前抜きに優勝できたかわからない』と言われて…」(THE DIGEST)

🤘 第4戦は76ersが勝利、続く第5戦はアイバーソンが52得点を記録して2連勝を飾り、シリーズに王手を掛けた。

19
: 2017- C• 第4Qに入るとこの日最大の19点差にまで広がるが、ここから76ersの猛反撃が始まり残り1分14秒には7点差にまで詰め寄ったが、一度ついた大差を覆すには至らず、レイカーズが108-96で勝利し、ファイナル連覇を決めた。 平均失点で2シーズン連続リーグワースト1位となったウォリアーズは、シーズン中に11連敗以上を2度記録し、カンファレンス最下位となった。

クリスマスゲームで激突するウォリアーズ×レイカーズのチケットは平均14万円以上!(バスケットボールキング)

🤣 2009-2013 C 2015-2017 2010年代 プレイオフ進出:4回 ファイナル進出:1回 優勝:1回• :1997-2003 C• :1999• リバースに再建を託しました。 659 1回戦敗退 2, レイカーズ 1 1981-82 57 25. (英語)• との間でトレードが成立し、ホークスは、、を、76ersはをそれぞれ獲得した。

15
歴史 [ ] 1947—1958:始まりとミネアポリス王朝 [ ] 1946年、デトロイト・ジェムズとして創設され、に加盟。 NBAとNBA選手会(NBPA)は、3月8日にオールスターゲームを開催することを正式に発表した。

コービー・ブライアント

😈 :2005-2012 C• 756 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 レイカーズ 3, 0 レイカーズ 4, 2 4, レイカーズ 1 1986-87 65 17. レイカーズが1回戦を勝ち上がっていた場合、同じを本拠地とするとの対戦という面白い組み合わせとなるところだった。 ウエストを無敗で勝ち上がり、15勝1敗で2連覇を果たした01年レイカーズ 2連覇中の王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季、2000年から02年にかけて達成したロサンゼルス・レイカーズ以来となる、NBA3連覇を狙っている。 最大のチャンスを得た76ersは残り1分2秒にはついに1点差にまで詰め寄るも、レイカーズの"ビッグショット・ロブ"ことが勝利を決定付ける3Pシュートを決めて、レイカーズが重要な第3戦をものにした。

1990-92• :1977-1983 C• スパーズはリーグ首位の勝率を収めた。

NBAがプレシーズンゲームの日程を発表

😂 2017年のプレーオフ、ウォリアーズはNBAファイナル第4戦でクリーブランド・キャバリアーズに黒星を喫しただけで優勝。 僕が言ったことはあくまで自分自身の見解なんだ。

2
:1994-1999• 585 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 レイカーズ 3, 1 4, レイカーズ 2 1995-96 53 29. ウォリアーズはカリー、トンプソン、デュラントという1試合50得点も可能な爆発的なスコアラーを3人も擁しているからだ。

オールスターのキャプテンとスターター枠が決定、デュラントとレブロンがキャプテンに

♥ : 2018-2020 C• 幾多の名選手も所属した古豪が復活なるのか。 (1989-01) 1999年と2000年に2度の腎臓移植手術を受けるも見事に復活を果たし、ラストシーズンも52試合に出場した。 - 1999年から2004年までヘッドコーチを務め、3連続優勝にチームを導く。

5
特に2001年のプレイオフのレイカーズは15勝1敗で過去最高の勝率を記録した。 この数日間は会見や関係者たちへの取材でも、記者たちがさまざまな形でブライアントに関する質問を投げかけている。

コービー・ブライアント

📱 663 ディビジョン決勝勝利 NBAファイナル敗退 レイカーズ 4, 3 4, レイカーズ 2 1963-64 42 38. もちろん、この価格だけでゲーム内容を判断してはならない。

「僕としては、時代が違う両チームを比較することは難しいから、この議論はタフだね。

【NBA】シクサーズ新HC就任 ドックの古豪〝再生オペ〟に期待

🚀 (1985-01) NBAデビューから欠場した試合は3試合のみで、ラストシーズンも全82試合に出場している。

7
675 ディビジョン決勝勝利 NBAファイナル敗退 レイカーズ 3, 2 4, レイカーズ 3 1962-63 53 27. (1991-01) 外部リンク [ ]• 1940年代 プレイオフ進出:1回 ファイナル進出:1回 優勝:1回• 1960年代のレイカーズはとを中心としたチームでを6回出場を果たしたが、セルティックスに6回とも敗北し、これにより長年にわたるセルティックスとのライバル関係が始まった。 中でもが最も有名で彼はシーズンチケットを1967年より持っている。