住民 税 特別 徴収 転職。 転職の時期と住民税の支払い。給与から天引きされない時の手続きとは

転職したら住民税はどうなる?3つの徴収方法&注意点をFPが徹底解説!

⌛ これは、会社が給与を支払った年の翌年1月に給与支払報告書を市区町村へ提出し、それに基づいて市区町村が住民税を計算し、会社が給与天引きするためです。

19
あなたはいかがですか? こうした中、私は、先を見越して何をしたらいいのかと考えている人向けに、無料のメールマガジンを配信しています。 手続きが間に合わなければ、手続完了まで自分で住民税を支払う必要があるので注意してくださいね。

退職後の住民税の手続きや納付方法とは

🐲 事業主(給与支払者)が従業員(給与所得者)に支払う給与から、住民税を毎月天引きします。 均等割額は固定金額となっており、所得などによって変動することがなく、一律いくらと決められています。

そんなときに予期せず住民税の納税通知書が届いたら、かなりの痛手となります。 皆様のご希望はもちろん、今まで培ってこられたご経験などを鑑みて、幅広くご提案させていただき、最良の選択をしていただけるようサポートさせていただきます。

【社労士監修】転職後の住民税に関するよくある疑問とその対処方法

⚡ その場合は 新職場で働きはじめてすぐに、会社に「天引きにしたい」とお願いする必要があります。 普通徴収 普通徴収とは、区市町村から送付される納税通知書によって、個人で納税する方法です。

5
会社に勤めている方(役員含む)…個人住民税は、「特別徴収」が 原則。

転職後の住民税の納付方法は?退職時期による違いや注意点|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

🤫 退職日までに前職の経理に給与所得者異動提出書の前職記入欄を記載してもらいましょう。

退職するケースでは、そもそも給与が途切れる可能性が高いので、ただでさえ生活費に余裕がない時期だと思います。

転職者は要チェック!転職後の住民税の手続きまとめ

🙌 なお、退職時の給与、退職金が一括して徴収を受ける住民税の額を下回る場合は、その後普通徴収で納付することになります。 地方税法第321条の4及び各市町村の条例の規定により、所得税の源泉徴収義務がある事業者は、個人住民税の特別徴収義務者として包括的に指定され、住民税を特別徴収していただくことになっています。 しかし、転職や退職をした際、これまであまり触れることがなかった住民税の額を見て、その高額さに驚く経験を多くの人がしているようです。

12
所得税と同じく、扶養控除や配偶者控除などを差し引いた上で、最終的な課税額が算出されます。 5月分の給与、または退職金から5月分の住民税が徴収されます。

転職の時期と住民税の支払い。給与から天引きされない時の手続きとは

🤝 ですが、退職する月の給与と退職金の合計より、徴収される住民税が多い時は、普通徴収に変更して自分で支払うこともできるので、退職する企業に相談してみましょう。

13
もし退職金などが多額で、退職後の収入が少ないといった場合、翌年の住民税支払いが大きな負担になる可能性があります。

転職後の住民税の納付方法は?退職時期による違いや注意点|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

👍 また、希望すれば、退職月から翌年の5月分までの住民税を退職月の給与または退職金から一括で徴収してもらうこともできます。

2
次の就職先が決まっていない場合、退職時の住民税はどのように納付するのでしょうか。 特別徴収とは 特別徴収とは、所得税の源泉徴収のように会社側が住民税を地方自治体にまとめて支払う制度で、12カ月に分割された住民税が給与から天引きされ、支払われます。