ビフォー アフター 訴訟。 劇的ビフォアーアフターの依頼で大失敗…2100万円訴訟に発展…

劇的ビフォーアフターの失敗例&裁判沙汰トラブルとその後まとめ【打ち切り終了】

💙 建築士が「匠(たくみ)」として出演し、家屋を改修するテレビ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」で、追加工事のため費用が膨らんだのに代金が未払いだとして、工事を請け負った愛知県の建設会社が番組を放送した大阪市の朝日放送と東京都の番組制作会社などに約2900万円の損害賠償を求めた訴訟は、名古屋地裁で和解が成立した。

17
公式サイトには以下のようなコメントが掲載されていました。

劇的ビフォーアフター失敗とその後まとめ!匠がはずれで裁判沙汰?

🍀 失敗できないからこそ、通常は依頼主と施工業者は、綿密に何度も打ち合わせを重ねて工事を進めていくわけです。 従って、 リフォームに当たっての、中薗尚秋さんの最大の望みは、この異常な段差をなくすことにあったことは言うまでもありません。 劇的ビフォーアフター』の裏側が暴露されたことがありました。

8
番組で表示している工事費には、「匠」のデザイン料は含んでいません 「匠」に番組の主旨をご理解いただき、ご協力をお願いしています 大改造! いわば 匠にとってデザイン料無償で協力することが 自身の広告になるということですね。

アキレス腱を切る家の裁判その後は?劇的ビフォーアフターまとめ

🎇 当初の改修費は約2200万円の予定だったが、建築士や制作会社から追加工事を指示され、さらに約2700万円増えた。

1
すぐに折れるなら早めに終わりますが、どちらも折れなければ、10年は平気でやってるような世界なので……。 しかし、それだけの金額を払って行ったリフォームの結果が 以前より品質の落ちた欠陥住宅だったというのですから、 裁判沙汰になったのも理解できます。

「ビフォーアフター」追加工事費で提訴 建設会社が朝日放送などへ2900万円損賠請求(1/2ページ)

😇 それにも関わらず、番組への依頼は非常に多かったそうです。 その後、2009年から再び『SEASON II』としてレギュラー放送が復活しました。 しかし、その一方で、これまでご紹介したような失敗事例が起きていることも事実なんですよね。

5
劇的ビフォアーアフターの依頼で大失敗… 2000万円訴訟に発展… 劇的ビフォアーアフターとは 大改造! 「匠」に番組の主旨をご理解いただき、ご協力をお願いしています 引用:大改造! これは追加工事を担当した建設会社と番組側との対立ですが、 当初予定していた倍以上もの費用がかかったとして裁判沙汰になっています。

劇的ビフォーアフターで失敗した訴訟・裁判事例!その後が悲惨…

👌 これに対する朝日放送側の対応は次の通りです。

って、この手のものって最初だけで、すぐにみんな見向きもしなくなるんですよね。 2002年に放送が始まりましたが、一時期不定期放送 2006年から3年程度 になりました。

劇的ビフォアーアフターの依頼で大失敗!2100万円訴訟に発展!

😅 しかし、それだけの金額を払って行ったリフォームの結果が以前より品質の落ちた欠陥住宅だったというのですから、裁判沙汰になったのも理解できます。 およそ 2900 万円が支払われていないという。 インパクトに欠けますからね! そして、やがて、明らかに予算内で行えないようなリフォームを、 この価格でやりました!と、あたかも予算内で行っているように放送するようになりました。

9
両者一歩も譲らずまだ決着はついていないません。

ビフォーアフターで追加工費裁判!2014年7月の岐阜の家が凄い画像

👏 中薗尚秋さんは仕方なく、この場所に階段を作って上がり下りしていたのだとか。 中薗尚秋さんの告白によると 70cmの段差がそのまま残っただけでなく外壁の色が違い、 2階の部屋は狭く暗くなるし、 1階は以前より寒くなってしまったというのです。

5
制作会社がホームページをみて匠に電話をして出演依頼をしているそうで、一旦出演をOKしても、番組の実際の内容を知れば、テレビはショー要素が強くそれなりの見せ場も作らないといけないということが分かり、身を引いてしまいたくなるのも納得できます。

【衝撃】劇的ビフォーアフター大失敗で訴訟!番組の裏側がヒドすぎる

🍀 番組で表示している工事費には、「匠」のデザイン料は含んでいません。 当然、テレビ朝日に対して抗議し、誠意ある対応を求めますが、全く取り合ってすらもらえなかったのだとか。 ここからわかることは、工事のやり取りや実質的な主導権はテレビ局側にあり、依頼者を通さないままリフォームが行われていたことがわかります。

19
笑 まとめ• 元々喫茶店の店舗と自宅部分が一緒になっていたのですが、既に店はたたんでおり、中がとても狭く、「孫がハイハイできない家」というフレーズで紹介されています。

アキレス腱を切る家の裁判その後は?劇的ビフォーアフターまとめ

🤔 しかも、追加工事を行った建設会社と番組側との間の金銭トラブルで、金額的にも多額であったため裁判に発展しました。

6
ビフォーアフターの中ではリフォームが成功したり絶賛されたものもありますが、 少なからず上記の失敗例のように後々トラブルになるケースもありました。 番組放送時には、あたかも大成功のように作られていますが、その陰には、 リフォームの失敗や、 費用未払いで苦しんでいる人たちがいたんですね。