艦 これ e4。 秋風 (駆逐艦)

駆逐艦

♥ 大西は、によりアメリカの対日政策がかわり、草鹿が起訴される恐れがなくなったことが、第二復員省による南東方面艦隊の戦時日誌提出につながったと推測している。

6月9日、30駆僚艦「松風」はを護衛中に米潜水艦に撃沈される。

秋風 (駆逐艦)

💕 救助のため「秋風」が派遣され、2隻の乗組員を救助した。

5
海軍大臣官房『海軍制度沿革. 秋風駆逐艦長は、森卓次少佐(海兵56期)であった。 関連項目 [ ]• 一方、日本海軍では開戦後も駆逐艦の主任務を魚雷攻撃に置いており、また現に雷装に優れた日本駆逐艦は、搭載するの特質を生かして、局地的夜戦ではその能力を遺憾なく発揮していた。

駆逐艦

⚒ しかし大戦末期にのような水中高速潜が登場したことで、戦後には、これらの艦隊護衛艦でも対潜戦能力が求められることになった。 またも、特型に対抗して、ロンドン条約の制限枠を最大限に活かしたを開発し、より配備を開始した。

20
ピンタドの魚雷は「隼鷹」ではなく「秋風」に命中し、22時53分の大爆発により「秋風」の艦体は分断され、艦尾部分は22時58分に沈没した。 これに対し、ドイツ駆逐艦は逆に艦砲よりも魚雷装備を重視しており、水雷襲撃の際の被発見性を低減するために艦影も低く抑えられていた。

秋風 (駆逐艦)

😀 、567-568頁「拘置二年、第一夜」• 188-212頁 当時「嵐」水雷長・海軍大尉宮田敬助『第四駆逐隊「嵐」「萩風」ベラ湾夜戦に死す 昭和十八年八月六日夜、コロンバンガラ輸送の途次に魚雷をうけて三隻沈没』• 第二補給部隊(タンカー〈仁栄丸〉、駆逐艦〈秋風〉、海防艦〈31号、43号、132号〉)という編成である。 2『一六-九-一五|役務変更第十一航空艦隊ニ編入』• 伊藤大介「昭和三陸津波と軍隊」218頁、山本和重・編『北の軍隊と軍港』(地域の中の軍隊1 北海道・東北)、吉川弘文館、2015年。 雷撃戦の重要度低下や対潜兵器の性能向上に伴って船体規模を抑制する必要性は乏しくなっており、新世代の高速艦隊護衛艦のとして度計画で発注されたでは、満載排水量4,800トン強まで大型化した。

7月27-28日にはで駆逐艦2隻(〈〉 、〈〉 )が座礁と空襲により沈没した。 13 The Fast Task Force Escorts. C13072080700 参考文献 [ ]• 重本俊一ほか『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』潮書房光人社、2014年10月。

秋風 (駆逐艦)

👏 C08030107400。

10
木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。 『シーパワーの世界史〈2〉蒸気力海軍の発達』、1983年。

駆逐艦

💔 「特集・戦後の駆逐艦」『世界の艦船』第587号、海人社、2001年10月、 69-111頁、。 21『11月3日2253秋風敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没隼鷹ヨリ「人員ヲ救助シタル後合同セヨ」ノ命アリタリ|卯月ハ護衛続行、夕月ハ現場ニ残リ敵潜掃蕩竝ニ秋風生存者ヲ捜索救助セントス』• C08030102100。

19
アメリカ軍はソロモン諸島における日本軍(航空隊、艦隊)の動向をいち早く察知するため、多数の(沿岸監視員)を配置してを行っていた。 中川, 務「イギリス駆逐艦建造の歩み」『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 149-155頁、。

秋風 (駆逐艦)

😋 (兼)勝見基 少佐:1937年3月20日 - 1937年8月18日• 護衛対象の消滅により、連合艦隊は海防艦2隻(31号、43号)に台湾への移動とタンカー「良栄丸」の護衛を命じた。

14
7「驅逐艦磯風 勲労丙 自昭和十六年五月一日至同年五月三十一日 第一航空艦隊トシテ艦隊訓練ニ從事シツツ対事変内地待機」• Ref. , p. 夏期以降、アメリカ軍の反攻が本格化すると駆逐艦の損耗が激増、また秋にアメリカ艦隊がの装備化を進めたことで、夜戦の優勢も覆り、雷装を主体とした既存の駆逐艦の存在意義は急速に薄れ始めた。

駆逐艦

♨ 「夕月」が救援にあたるが 、秋風乗組員は山崎艦長ふくめ全員行方不明(戦死認定)となった。 当時、ラバウル方面の作戦全般を指揮していた南東方面艦隊(司令長官中将、参謀長少将)は 、東部ニューギニア・中部ソロモンの防備をかためるため航空基地整備を企図しており、3月9日に「南東方面基地設営計画」、14日に「南東方面基地整備計画」を発令し、4月15日を目標に21ヶ所の陸上基地(新設10)・12ヶ所の水上機基地(新設6)を整備しようとしていた。 森卓次 少佐:1941年4月10日 -• 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時戦時日誌戦闘詳報 1 』。

12
249-250『経過概要と南東方面部隊等の作戦指導』• 12月17日、僚艦「太刀風」は空襲をうけて損傷、いったん佐世保に戻って修理をおこなう。 戦中には、ドイツも15センチ砲を搭載した2,000トン級の大型駆逐艦の建造に着手したものの、終戦までに2隻(・)が竣工したのみであった。