ダフトパンク 解散。 ダフト・パンクが解散を発表 30年近い活動でポップス界に数々の足跡

ダフト・パンク(Daft Punk)が解散

☕ この動画は、ダフト・パンクが初監督を務め、人間になりたいと願う2体のロボットが旅する映画『ダフト・パンク エレクトロマ』(2006年公開)を元にしたもの。 このタイミングで解散の発表と両手による三角、そして明かされない理由、エピソードという名の登場人物で片側の人物による自爆、考えたくないが恐らくダフトパンクの2人のどちらかはもう他界しているのかもしれない。

Daft Punkの広報を長年務めてきた人物がPitchforkに対し解散を認めたというが、 その理由は明かされていない。 「フレンチハウス」と呼ばれるダンスミュージックの先駆け的存在で日本でも人気があった。

ダフト・パンクが解散を発表 30年近い活動でポップス界に数々の足跡

😜 2001年の次作『Discovery』には、「Harder, Better, Faster, Stronger」「One More Time」「Face to Face」などの名曲を収録。

から抜粋されたこの映像作品では、荒野を歩く2人の姿が映る。

【素顔画像↓】ダフトパンク:なぜ解散?理由は?

🐝 2000年代初めには漫画家の松本零士さんがミュージックビデオを手掛け、話題となった。

9
ダフト・パンク」(1位、1週)、「ゲット・ラッキー feat. 初期のシングル「ダ・ファンク()」、「アラウンド・ザ・ワールド()」はすぐにクラブシーンの定番曲となり、1997年のデビューアルバム「ホームワーク()」は大ヒットとなった。 ダフト・パンクはアメリカのポップシーンにも忘れがたい足跡を残した。

ダフト・パンクが解散を発表 30年近い活動でポップス界に数々の足跡

💓 ダンスミュージックシーンをはじめ、 ポップミュージックシーンにも大きな影響を与えたフランスのデュオDaft Punkが解散するとPitchforkが伝えている。

4
Daft Punk(ダフト・パンク)が突然の解散を発表 ダフト・パンクの解散について「fnmnl」は次のように報じています。

ダフト・パンク解散 14年グラミー賞受賞の仏ダンス音楽デュオ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

⚓ 長年の代理人であるキャサリン・フレージャーもローリングストーン誌に認めているが、解散の詳細は明らかにされていない。

c AFPBB News. ファレル・ウィリアムスとナイル・ロジャースとコラボレーションした「ゲット・ラッキー」では、『第56回グラミー賞』(2014年)で主要部門の「年間最優秀レコード」「年間最優秀アルバム」の2冠を含む5部門を制覇した。 1993年に結成されたダフト・パンクは、30年近くに及ぶ活動を通じて、ポップ・ミュージックの世界における最重要グループの一つとなった。

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」と題した動画公開 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

🚀 常にロボットのようなヘルメットをかぶって登場し顔を見せないなど、謎めいたイメージを保った。 しかし、詳しい解散の理由については一切言及していないのです。

6
ダフト・パンクは1993年に結成。 2005年には3枚目のアルバム『Human After All』をリリース。

ダフト・パンク、解散発表後に全米でのストリーミングが急増 最も再生された楽曲は?

🐾 ダフト・パンクはトーマ・バンガルテル(46)とギーマニュエル・ドオメンクリスト(47)が93年にパリで結成した。 解散の理由は不明。

4
ダフト・パンクのアルバムや楽曲は米音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞で2014年、最優秀アルバム賞を含む5部門を獲得。

「ダフト・パンク」が解散 時限爆弾でこなごなに

☺ 2007年にはライブアルバム『Alive 2007』もリリースされた。

11
関係者はフランスのメディアに解散を確認した。 同曲を収録し、ミリオン・セラーを記録したセカンド・アルバム『Discovery』(2001年)は、時代を象徴するエポックメイキングな作品だ。