埼玉 県 公立 高校 入試 2021 倍率 最新。 埼玉県公立高等学校 入学志願確定者数 埼玉県高校倍率 2021年度・2021年2月26日入試分

埼玉県公立高等学校 入学志願確定者数 埼玉県高校倍率 2021年度・2021年2月26日入試分

👎 72 鳩ケ谷 情報処理科 共 80 80 1 鳩山 情報管理科 共 40 34 0. 実際に説明会に行ってみたが、これまでより「進学校アピール」「女子校アピール」が強く出ていた印象だ。 2%)に多少流出があった程度だろう。 昨年は1. 8 秩父農工科学 フードデザイン科 共 40 40 1 新座総合技術 服飾デザイン科 共 40 30 0. 理数科7校の平均倍率は1. 「学校選択問題採用校」と「学力検査採用校」の違いだ。

11
そうすると川越南への流出となるが、そういう選択の仕方があるのかどうか。

埼玉県公立高等学校 入学志願確定者数 埼玉県高校倍率 2021年度・2021年2月26日入試分

👍 6%)は、「学校選択問題採用校」20校の中では、もっとも変動が少なかった。 13 富士見 普通科 共 198 198 1 ふじみ野 普通科 共 118 117 0. 40倍前後まで下がると予想したが、ほぼその通りとなった。 理数科の学校は埼玉に7校しかありませんから、1校(熊谷西)を除いた6校がトップ10入りを果たしたということになります。

13
今年の予想は難しい(他の学校も同じことだが)。 このまま定員割れはないだろうが、上がっても1. 不肖私もはるか昔は受験指導(大学進学)をしていたのだが、さまざまな機会を通じて、一つ一つ階段を昇って行くように「受験生としての心構えや戦う姿勢」を作り上げて行くことが重要だったわけである。

埼玉県公立高等学校 入学志願確定者数 埼玉県高校倍率 2021年度・2021年2月26日入試分

☭ できるだけ多くの学校を扱いたいが、予告したとおり今回は「学校選択問題採用校」に絞った。 1学期から学校説明会を開催するなど(実際はコロナの影響で中止になったが)、他の伝統校と比較して多くの説明会を行うなど広報活動に努めた。

10
30倍に下がると予想する。 しかし、今年はコロナの影響で、そうした機会や時間の多くが失われたため、例年に比べ、「心構えや戦う姿勢」に物足りなさがあるかもしれない。

埼玉県公立入試、希望調査から実際の出願倍率を予想する【後編】

☯ 20倍台後半まで上がる可能性ありと予想する。 だとすれば、希望者の変化は、一応県内上位校グループと目される「学校選択問題採用校」の中で起きているということになる。

5
第2回進路希望調査の結果から実際の出願倍率を予想してみる。 15 新座総合技術 デザイン科 共 40 40 1 三郷工業技術 機械科 共 39 35 0. 埼玉県公立高等学校 全日制 学校名 学科 男女共 募集人員 志願確定者数 倍率 上尾 普通科 共 238 288 1. 昨年との比較のため、今年から加わった川口市立と、今年撤退した春日部女子を除く20校で見てみる。

埼玉県公立高校入試受験状況 ~高倍率校は理数科に集中!~

☭ 87 上尾南 普通科 共 238 239 1 朝霞 普通科 共 318 382 1. 今年も下がるのは確実だが、1. 28年度 1. 今日は少し時間をかけて各校の数字を見てきたわけだが、昨日書いた「消極姿勢、安全志向」は、ある程度確かそうだが、超がつくほどではないことが分かった。 昨年は1. 埼玉は保守的な県民性ですので、コロナ禍などにおいては、手に職をつけるべく理数系の学校の人気が上がります。 63倍と、この学校としては低い倍率からのスタートなので、昨年同様1. 昨年は現状維持か多少の低下と予想したが、ほぼその通りとなった。

13
7%)だが、これは同じ市内の 川口市立に相当数が流出したのではないかと考えられる。

埼玉県公立入試、希望調査から実際の出願倍率を予想する【後編】

📱 33 羽生実業 ビジネス会計科 共 39 0 0 羽生実業 情報処理科 共 40 30 0. 今年も昨年並みに1. 従来の浦和希望者層が 大宮(96人増、+17. 埼玉県公立高等学校 入学志願確定者数の一覧です。

20
今年は1. 今は伝統校と言えど、黙っていて生徒が集まる時代ではない。

ã€é«˜æ ¡å—é¨“2021ã€‘åŸ¼çŽ‰çœŒå…¬ç«‹é«˜æ ¡å…¥è©¦ã®ã‚³ãƒ­ãƒŠå¯¾å¿œã¨äººæ°—é›£é

😭 ただ、卒業予定者数が昨年に比べ1353人減っている点(2. 熊谷(38人減、-11. 川越(20人減、-3. 昨年は大幅な低下はないと予想した。 1 秩父農工科学 食品化学科 共 39 39 1 秩父農工科学 森林科学科 共 40 35 0. 減少傾向は今に始まったことではない。 昨年は1. 07倍にとどまっており、ハズレだった。

7
今年は異例の定員割れ状態からのスタートなるが、1. 昨年も大外れだったケースも多いので、参考程度に見ていただければ良いと思う。

ã€é«˜æ ¡å—é¨“2021ã€‘åŸ¼çŽ‰çœŒå…¬ç«‹é«˜æ ¡å…¥è©¦ã®ã‚³ãƒ­ãƒŠå¯¾å¿œã¨äººæ°—é›£é

✋ 昨年は1. 今年は1. 1 久喜工業 機械科 共 80 80 1 久喜工業 環境科学科 共 40 34 0. 2 高倍率校は上位10校中6校が理数科ということになりました。 今年も下がるのは確実だが、下がり幅の予想が難しい。

15
2%)はこのところ第2回調査時点での低倍率が続いていたが、ついに定員割れ状態となった(ほんの僅かだが)。